サムスン 歩留まり改善のための資金不正流用を調査

すでにQualcommは、サムスンが製造するチップの歩留まりが悪いため、次世代のチップはTSMCに委託することを決定したようです。
サムスンは歩留まりが順調に改善しているという嘘の報告をするために、偽の報告書を作成したという疑惑の調査を開始しました。
現在3nm、4nm、5nmの歩留まりについて調査を実施しています。
サムスンは、多額の投資を行い歩留まりが改善していると報告を受けていましたが、実際に製造するとその歩留まりを達成できない問題な直面しています。
そのため本当に歩留まりが改善していたのか、投資した資金はどのように使用されたかを調査しているようです。

[ソース:infostockdaily]