Qualcomm サムスンからTSMCへ製造委託先を変更

Qualcommは来年発売予定の3nmプロセスのSnapdragonを、サムスンからTSMCへと全て製造委託先を変更することを決定したようです。
さらに現在サムスンで製造中の4nmプロセスのSnapdragonについても、一部をTSMCへと変更したようです。
TSMC製のSnapdragon Gen1は、2022年Q2からスマートフォンメーカーに供給されます。
なお製造先が変更されるのは、サムスンで製造するチップの歩留まりが低いことが原因のようです。
現在サムスン製の4nmチップの歩留まりは、35%で非常に低いようです。
なおNVIDIAもサムスンからTSMCへと昨年製造委託先を変更しています。

[ソース:thelec]

QualcommTSMC,サムスン

Posted by mobilego